会の概要

日本野鳥の会は、1934年に設立し、全国に89の支部があり、会員3万人余を有する国内最大の自然保護団体です。

 

その支部の一つである日本野鳥の会栃木県支部は、栃木県野鳥愛好会を前身に、1968年(昭和43年)に結成されました。結成当時は、会員20名前後の野鳥愛好家の小さな集まりでしたが、現在では、会員約1,000名を有する県内でも最大の自然保護・自然愛好団体になりました。


「野鳥を通して自然に親しみ、野鳥と私たちが安心してすめるように考え、行動する」ことを会の理念とし、年間約160回の探鳥会をはじめとした普及啓発活動や、自然保護活動調査研究活動などさまざまな事業を行っています。

 

探鳥会では、鳥に詳しいリーダーが、素晴らしい野鳥の世界に皆さんをご案内いたします。会員以外の方もお気軽にご参加ください。

 

また、当会には、いつでもどなたでもご入会いただけます。会員が増えることは、自然を守る大きな力にもつながります。皆さまの暖かいご支援とご協力を心よりお願いいたします。

 

組織体制

総会 :会の最高決定機関です。

 

役員会:次の役員で構成され、年間12回程度開催し、日常の事業内容を決定します。

支部長   内田裕之

副支部長  伊村務

      遠藤孝一

      手塚功

幹事(約20名)

監事(2名)

 

事務局:日常の事務を行います。

  事務局員(1名)

 

役員会の決定のもと、主な事業の実務は次の各委員会が行います。

事業企画委員会: 探鳥会や講座、写真展の開催など、自然を愛する人を増やす普及活動

保護委員会  : ワシタカ類など希少な野鳥や自然環境を守るための自然保護活動

調査記録委員会: 地域の鳥類相や各種の野鳥の生態を調べるための調査研究活動

編集委員会  : 会報『おおるり』の発行、ホームページの管理などの情報発信活動

 

各地で開催される探鳥会は、各地の分会や担当者(リーダー)により運営されています。

 

事務局

事務局は、会の活動が円滑に行えるよう、みなさんのご要望にお応えできるよう、次の業務を行っています。

  • 会員管理(入会、継続、退会の手続き)
  • 会計事務(一般会計、事業会計の各収入支出)
  • 会員や各委員会、地域活動のサポート
  • 支部オリジナルの図鑑等の販売
  • 自然系の蔵書約2000冊(含む雑誌)の閲覧
  • 開所時間でも、外出のため電話対応できない場合がありますのでご容赦ください。
  • 開所日が週3回のため、メールのお返事が遅くなることがありますがご容赦ください。

アクセス

気軽におこしください!お待ちしています。

  • JR宇都宮駅から:駅西口からバスに乗車 → 「県庁前」で下車 → 東電TEOCOビルと新光証券ビルの間を北へ200m → 二荒山駐車場入口の角の建物の2階
    駅から歩いた場合、約20分程度です。
  • 東武宇都宮駅から:駅から歩いた場合、約10分程度です。
  • 車ご利用の場合:駐車場はありませんので、周辺の有料駐車場をご利用ください。

カウンター