5/12 渡良瀬遊水池で、野鳥・植物・昆虫の観察会

ラムサール登録地である渡良瀬遊水地で、野鳥、植物、昆虫の3グループに分かれて観察会を行います。

午後は参加可能な方で湿地保全作業をします。

 

日時  2019年5月12日(日) 9~12時

集合  栃木市藤岡遊水池会館駐車場 9時

(栃木市藤岡町藤岡1788)

観察地 渡良瀬遊水池 谷中村史跡保存ゾーン

(集合後に車で観察地へ移動)

内容

9時30分~12時 グループ別の観察会

 ・野鳥(講師:日本野鳥の会栃木県支部会員)

 ・植物(講師:青木章彦 作新学院大学女子短期大学部 教授)

 ・昆虫(講師:大川秀雄 とちぎ昆虫愛好会 会員)

 

13~15時 湿地保全作業(参加可能な方のみ)

 環境学習フィールドでセイタカアワダチソウ・ヤナギの除去作業

 持ち物:軍手、長靴、お弁当、水筒、あればスコップ

※ 基本的には手による抜き取り作業になりますが、主催者側でも刈込バサミ、スコップを若干用意します。

参加費 無料

申込み 不要

定員  なし

主催  日本野鳥の会栃木県支部、ラムサール湿地ネットわたらせ

    渡良瀬遊水池を守る利根川流域住民協議会わたらせ未来基金

 

※ この事業は、ラムサール・ネットワーク日本が主催する「湿地のグリーンウェイブ」の一環で実施しています。

 

カウンター