バードアイランド 三宅島探鳥ツアー ~カンムリウミスズメをたずねて~

三宅島は、バードアイランドといわれるほど野鳥の生息密度がとても高く、人と野鳥の距離が近いことで知られています。そして、日本固有種で国の天然記念物でもあるアカコッコをはじめ、これまでに約250種もの野鳥が観察されています。

 

このツアーは、2011年に一度企画し、東日本大震災のため開催を自粛した経緯がありますが、その後の要望が多いため再度企画したものです。また、ツアーへの参加は、三宅島復興へもつながるものと考えておりますので、多くの方のご参加をお待ちしています。

開催日

2013年5月2日(木)~5日(日)

コース ・期待できる野鳥など(天候・海況により、予定が変更になることがあります。)

2日(木)

竹芝桟橋発(船中泊)

3日(金)

三宅島着 → ペンション(朝食・仮眠)→ 阿古漁港(チャーター船でカンムリウミスズメ観察)→ 神着(カラスバトなど)→ ペンション(泊)

4日(土)

ペンション → アカコッコ館・大路池(アカコッコ、オーストンヤマガラなど)→ 伊豆岬(ウチヤマセンニュウなど)→ 薬師堂(モスケミソサザイ、タネコマドリなど)→ ペンション(泊)

5日(日)

ペンション → 富賀浜(海鳥観察)→ 大路池(アカコッコ、オーストンヤマガラなど)→ 三宅港発(船上で探鳥)→ 竹芝桟橋着

見どころ

海上でカンムリウミスズメ観察

カンムリウミスズメは日本近海にのみ分布し、推定個体数は5千~1万羽とされています。レッドデータブックでは絶滅危惧Ⅱ類に位置づけられ、国の天然記念物でもあります。日本野鳥の会では1995年から東京都伊豆諸島の三宅島でこの鳥の生息調査を続けてきました。今回のツアーでは、海上に出てカンムリウミスズメを観察します。

 

固有種等の観察

三宅島だからこそ観察することができるアカコッコ、イイジマムシクイ、カラスバト、固有亜種であるオーストンヤマガラ、タネコマドリ、シチトウメジロなど、多くの野鳥に出会うことができるでしょう。

 

渡りの迷鳥

この時期は、春の渡りの時期にあたるため、迷鳥との出会いも期待できます。

集合

竹芝桟橋(東京都港区海岸) 5月2日(木) 20時30分

・ゆりかもめ「竹芝駅」隣接

・JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」 徒歩約8分

・都営浅草線・大江戸線「大門駅」 徒歩約11分

※ 最寄り駅までの移動については、各自手配願います。

解散

竹芝桟橋 5月5日(日) 20時50分到着後 現地解散

宿泊

ペンション サントモ(予定)(東京都三宅島三宅村阿古575 Tel:04994-5-0532)

定員

30名(最少催行 15名)

参加費

日本野鳥の会会員 69,800円

非会員      74,800円

 ※ ともに栃木~東京までの交通費は含みません。

案内人

アカコッコ館レンジャーを予定

同行者

日本野鳥の会栃木担当者、旅行社添乗員

申込み

次の項目を記載し、ツアー申込フォーム、ハガキ、FAX、E-メール等の文書で、事務局へ

(1)ツアー名 (2)氏名(ふりがな) (3)郵便番号 (4)住所 (5)電話番号(自宅、携帯) (6)生年月日 (7)性別 (8)野鳥の会会員種別(本部・支部・非会員) (9)持病の有無(差し支えない範囲でお知らせください) (10)備考

申込〆切

3月30日(土)

※ 定員を超えた場合は、日本野鳥の会栃木会員を優先させていただきます。

資料・請求書の送付

参加者へは詳細資料をお送りいたします。

旅行業法に準じて阪急交通社より請求書をお送りいたします。

その他

野鳥の撮影を行う場合には、他の参加者の迷惑にならないようご注意ください。

お問い合わせ・お申し込み先

日本野鳥の会栃木 事務局(お問い合わせフォーム

〒320-0027 栃木県宇都宮市塙田2-5-1 共生ビル2F

Tel:028-625-4051(火~土曜日 10~17時)

Fax:028-627-7891

過去の探鳥ツアー

  1. 2009年6月19日(金)~21日(日) 北海道道東
  2. 2009年11月28日(土)~29日(日) 伊豆沼、蕪栗沼
  3. 2010年6月4日(金)~6日(日) 奄美大島
  4. 2011年10月14日(金)~16日(日) 伊良部島、宮古島
  5. 2012年6月15日(金)~17日(日) 大潟村、白神山地
  6. 2013年5月2日(木)~5日(日) 三宅島

カウンター